保護者ラウンジより 漢字の成り立ち

皆様、こんばんは!

😘

今日もオンライン補習校お疲れ様です。😘

まあなんと、しばらく前にご報告したひょろひょろのサツマイモのツルを水につけて置いたら、にょきにょきと根がでてきましたよ。色はうっすらピンクです。これらが成長してサツマイモになるわけですね。🍠  「イモヅル式」 なるほどねぇって改めて思いました。 ツルは、3本保存しましたが、青々と葉っぱも生えてきて「アタシは観葉植物ですがなにか?」と言っているようです。🌴

image.png

さて、「3年B組金八先生」というドラマを覚えていらっしゃいますでしょうか?ウェキペディアによると、1979年(昭和54年)から2011年(平成23年)までの32年間断続的に続いたテレビドラマシリーズで、日本の学園ドラマの金字塔とされている、とあります。私はあまりドラマを見ないので長寿番組の平均値を知らないのですが、32年は相当長い気がします。🤔
「君たち、いいですか。人という字はねぇ、 ひとと、ひととが支えあっているから人なんですよ。」👯

という名台詞がありますね。説得力があり、ふむふむと納得できる説明。ただし、漢字辞典に記載されてる由来はなんだろう?と思って調べてみました。🎓
ネット検索結果:「一人の人が立っている姿」を横から見た形。(ありゃ?)
「命」うんちく 「人は一度は叩かれる」から。😔ネット検索結果:「口」と「令」のふたつの字からなる会意文字。「令」は上部が冠の象形、下部は人がひざまずいている象形で。人がひざまずいて神意を聞くさまをかたどっており、そこから「言いつける」という意味になったのだそう。
「癌」 うんちく 「山のように(食)品を食べた」から。😓
ネット検索結果:「江戸時代の医学書に「乳岩」でみられることから、「岩」の漢字音が語源であると考えられる。「ガンを「岩」としたのは、触ると固いしこりがあるところからと思われる。漢字の「癌」も、「岩」の異字体「嵒」に病垂れからなる文字である」
漢字の由来は実際のところはっきり分かっていないことも多くて、○○が’由来だと考えられる、という表現が多いです。「命」も「癌」も講話の一部で聞けばなるほど!って納得できますよね。特に命については、「いずれ災難が来ても、必ず、その人に学びを与えてくれるもの。」という解釈をすると納得できる気がして、私は個人的に好きです。💪
漢字の成り立ちについて面白いサイトを見つけましたので時間があればどうぞ。😛
知れば知るほど面白い!子どもと一緒に学ぶ「漢字の成り立ち」
https://lee.hpplus.jp/kurashinohint/1674520/area02/

教科書にも単元が設けられている、4つの感じの成り立ち、「象形文字」、「指示文字」、「形声文字」、「会意文字」についての説明もあり、なかなか興味深かったです。
皆様、よい一週間をお過ごしください。😘
ガウ 万里